© Copyright 2015 amenity Inc. All Rights Reserved.

JASRAC許諾第9016834001Y45040号

昨日、1年間用意して来た「夢KANA音楽祭」の本番をやって来ました。

November 11, 2019

 昨日、1年間用意して来た「夢KANA音楽祭」の本番をやって来ました。

 

 協力してくれたサポーターのみなさん、協賛してくださった各社の方、チケットを買ってくださったみなさん、当日手伝ってくれたボランティアのみなさん、僕と一緒に1年間頑張って来たスタッフのみなさん、そして、100人を越える出演者のみなさんのおかげで、今、考え得る最高の音楽祭になりました。

 

 1部オープニングで踊ってくれた大宮北高校のダンス部の皆さん、最高でした。

 

 今回のテーマ「平成の歌」に合わせて、演奏した「川の流れのように」では、僕はウインド・シンセの尺八の音色でメロディを吹いたのですが、気付いてもらえたでしょうか。

 

 そして、「涙そうそう」を歌ってくれたコーラスグループ「青春のポップス」のみなさん、ありがとうございました。

 

 「夢KANAオーディション」のfinal審査でグランプリを競ったみなさん、今回、みなさんの歌とステージ・パフォーマンスのレベルは過去最高でした。

 

 2部の「登龍門と夢KANAオーディション」の歴代グランプリのライブの安定感とクオリティの高さには、目を見張るものがありました。

 

 3部冒頭に僕は、宇多田ヒカルさんの「Automatic 」を歌ってから、アレンジしたばかりの「Holy and bright クリスマス組曲」を歌い演奏。

 そのあとは、登龍門14thのfinal round 。審査員もしてくれたモト冬樹さんが「この人たちプロでしょ?」と聞いてくれるほどのレベルの高さでした。

 

 4部は、この音楽祭のために組曲をアレンジするきっかけになった、文蔵囃子連のみなさんとのコラボ「ガンダーラ組曲」で始まり、モト冬樹さんとのトーク、そして、モト冬樹さんのトークとモノマネに大興奮して、次は、モト冬樹さんが歌ってギターを弾きまくるビートルズの「While my guitar gently weeps 」で共演。

 

 モト冬樹さんを送り出した後には、この音楽祭の定番になっている、他では聞けない「銀河鉄道999組曲」。

 

 会場が盛り上がり切った後で「夢KANAオーディション」と、「登龍門」の結果発表。そして、テーマソングの「アイノチカラ」を歌って終わりでした。

 

 ロビーでの食べ物もほとんど完売。終わってからの僕のCD即売サイン会にもたくさんの人が集まってくれました。 そして、関係者全員での乾杯は最高でした。

 

 また、来年頑張ろう。

 

 

 

僕のグッズ売り場です。

 

 

Holy and bright クリスマス組曲の初演でした。

 

 

モト冬樹さんとのトーク。笑いっぱなしでした。

 

なんだか、嬉しそうな僕です。

 

 

「銀河鉄道999組曲」。僕は最初の方は、指揮だけをしています。

 

 

Please reload

Recent Posts
Please reload